今、「対話(ダイアローグ)」が社会のさまざまな領域で重要になってきています。対話とは、お互いの「声」を聴き合うことによって相互理解を目指したり、個人の心配ごと(worry)を軽減するために用いられるアプローチです。もともと哲学対話や哲学カフェなどから始まったこの取り組みは、医療・福祉領域では「オープンダイアローグ」や「未来語りのダイアローグ」などに発展しています。このクラスでは、人々のウェルビーイング(well-being)の向上につながるような、さまざまな対話(ダイアローグ)の手法と哲学について学びます。
*本講座はあくまで入門的な内容であり、各アプローチの実践手法を習得するものではありません。

<内容>
(第1回)対話とは?:ダイアローグの哲学
(第2回)オープンダイアローグ(Open Dialogue):個人の妄想や精神的な症状を緩和するための対話
(第3回)早期ダイアローグ(Early Diaglogue):個人の心配ごと(worry)を取り上げ緩和するための対話
(第4回)未来語りのダイアローグ(Anticipation Dialogue):個人や組織の心配ごと(worry)を未来志向にするための対話

<参考文献>
オープンダイアローグ実践ガイドライン
(一般社団法人オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパンHPより)
*授業で使用しますので、各自ダウンロードあるいは印刷の上、ご持参ください。

<日時>
①10/3(木) 19:00-21:00
②10/10(木) 19:00-21:00
③10/17(木) 19:00-21:00
④10/24(木) 19:00-21:00

<注意事項>
オープンマインドで参加してください

<持ち物など>
特に必要ありません

<対象>
対話(ダイアローグ)に関心のある人なら誰でも

<定員>
15名

<料金>
2,500円/回(全4回10,000円、単回参加あり)

<ご予約はこちら>
https://dialogclass7.peatix.com/
講座コード:K7-01

<申込締切日>
当日まで

<講師プロフィール>

孫 大輔(そんだいすけ)
家庭医、東京大学・医学教育国際研究センター講師。医学博士、看護学博士、医療者教育学修士。2000年、東京大学医学部卒。腎臓内科、家庭医療を専門として病院勤務を続けた後、2012年より現職。大学では主に医療コミュニケーション教育に従事。現在、教育・研究とともに、非常勤で家庭医としての診療を続けている。市民と医療者の対話の場「みんくるカフェ」主宰。谷根千まちばの健康プロジェクト(まちけん)代表。主著に『対話する医療:人間全体を診て癒すために』(さくら舎)など。