【官足法セルフケア講座の特徴】
それは、いつでも、どこでも、誰でも自分でできるということ。
一人一人のライフスタイルに合わせて様々なグッズを使いこなすことで、時間、お金、場所、薬の副作用などに捉われることなく体質改善ができるようになる。

「官足法」とは?
1982年に台湾の教育学博士・官有謀(かんゆうぼう)氏によって日本に紹介された足(脚)もみ健康法。
内臓の疾患だけでなく、首・肩・腰・股関節・膝などの骨格の不調を含めた多くの生活習慣病の予防と根治を目指す根本療法です。
下肢全体を揉んで血流を整え、蓄積した老廃物を促す血液循環療法的効果と数千年の歴史を持つ反射区療法的効果との相乗効果により、病気の速やかな改善が得られるため”血を流さない手術”などと称されています。

<日時>
9/3(火) 10:30-12:30 

<注意事項>
お食事は講座開始の1時間前までに済ませておいて下さい。

<持ち物など>
ゆるい長ズボン・フェイスタオル

<対象>
大人

<定員>
10名

<料金>
4,000円(税込)
材料費が含まれます。

<ご予約はこちら>
https://kansokuhou.peatix.com/
講座コード:K6-20

<申込締切日>
2日前まで

<講師プロフィール>

吉野ひろ(1980年生れ)

官足法公認指導員 ・ 玄米生活アドバイザー

28歳の時に官足法と出会い自身の長年患っていたさまざまな体調不良を克服。その経験から現在指導員として活動中。結婚7年目の時に夫と共に官足法の足もみを実践し子を授かる。過去に丸二年間完全玄米菜食・砂糖なし・果物なし生活をした経験から食に関するアドバイスも行う。 官足法と共に、野口整体・薄着健康法などを実践中。毎年冬には醤油づくり、春には野草採り、夏には梅干しづくり、秋には味噌づくりをするのが楽しみ。